ストーリーの概要、ストーリーの概要

MangaKira 執筆を務めるのは『首を斬らねば分かるまい』(講談社)の作画として、 明治時代を舞台に耽美さと残酷さを兼ね備えたドラマを描きあげた期待の若手漫画家・奏ヨシキ。 そして、 原作の読み味はそのままに、 現代の読者にマッチする脚本を手掛けるのが、 『総司の夢』『歳三の剣』など新選組を題材にした作品や、 『一鬼夜行』(ポプラ社)など若い読者を魅了する作品を書き上げてきた、 小説家・小松エメル。 この両者がタッグを組んで歴史的名作である原作小説を、 新しい漫画表現としてスタート。、Manga1001、Manga1000。

章のリスト(エピソードのリスト)